つながるプロジェクトはSDGsそのもの

地域の子供たちの未来づくりを目的とする「つながるプロジェクト」は、百年後も持続可能な地域社会の実現を目指しています。つながるプロジェクトの活動の中には、さまざまな、従来ではなかなか着手できないSDGsの要素が盛り込まれています。「つながるプロジェクトはSDGsそのもの」といっても過言ではありません。
今後、企業が成長していく上で、SDGsへの取り組みは欠かせない要素になります。例えば求人や融資。人材を獲得しようとしても、SGDsに取り組んでいない企業は人材を獲得できなくなりますし、事業拡大のための融資も受けられなくなるようです。五十年後も百年後もあり続ける企業であるために、SDGs活動のひとつとして、複雑化する社会問題を解決するためにも、つながるプロジェクトをサポートください。

サポート企業が手にする新たなつながり

サポート企業さまにとって「つながるプロジェクト」は、新たなSDGsの取り組みとなるほか、社員の企業愛の醸成、さらには子どもたちを通して地域とつながる絶好の機会となります。5年後、10年後、さらにはその先を見据えた取り組みとしてお考えいただければ幸いです。

12年間を使ったキャリア教育の実施

就職活動において「当事者意識が薄い」高校生が多い昨今、地域の企業や産業を知る「キャリア教育の充実」は必須です。つながるプロジェクトでは、小学校・中学校だけではなく、高校も交えた通年(12年間)でキャリア教育を実施し、未来を見据えた人材の獲得に寄与いたします。

企業の皆さまへのお願い

○小学校の教材を一緒に作っていただけませんか?
○小学校の教科書を、地域の内容に沿ったカタチに変えていただけませんか?
○小学校の授業をグレードアップするため、授業を行っていただけませんか?
○中学生・高校生に職業観(業種・職種など含む)を伝えていただけませんか?
○高校生・大学生と一緒に、新たなビジネスを創出していただけませんか? 
○学生が働くことを実際に体験できる場を提供していただけませんか?

参考
ジュニアアスリート浜松
ジュニアアスリートプラス
Tsunagu 働く先輩の声

お問い合わせ

会社名、ご担当者氏名、質問・お問い合わせ内容を明記の上、下記よりお送りください。後日、担当スタッフがご連絡を差し上げます。

    企業のみなさまへの最新情報はこちらでご確認ください。